横須賀創造空間とは?

活動の目的

NPO法人 横須賀創造空間は、横須賀・三浦半島に「人を呼ぶ」「魅力を発信する」「人々の交流を促す」ために活動する団体です。

毎年人口が減り続けているという現実を前にして、「こんないい場所から、なぜ出て行ってしまうのか?」ということを考える一方、しかしそれは「三浦半島の魅力をきちんと伝えているか?」「人を呼ぶためにまだまだやることはいっぱいあるのでは?」さらに、「地元での交流を生み出すために、何かできることがあるのではないか?」と私たちは考えました。

そして、地元を愛する市民が幅広いノウハウやスキルを出し合って、街のために力を合わせ、そして街に人を呼んでいこう、と決意しました。

「人を呼ぶ」「魅力を発信する」「人々の交流を促す」という目標があれば、自由に、柔軟に、単なる思い付きでもいいから気軽に〝一歩〟を踏み出せる──。
それが、横須賀創造空間という新しいプラットフォームなのです。

●横須賀創造空間設立趣旨書はこちら(PDF:2013年10月申請時点)


「ユニット」とは?

「街のために何かをしたくなったら、まず手を挙げてみよう」
・・・それが、私たち横須賀創造空間の流儀。

この最初のアクションでつくられるのが、「ユニット」と呼ばれるワーキンググループです。
三浦半島に「人を呼ぶ」「魅力を発信する」「人々の交流を促す」という横須賀創造空間の目標に合致していれば、何でもOK。
最初から採算が合ったり、パーフェクトな計画でなくていいのです。
「ユニット」をつくったら、そこから横須賀創造空間のネットワークを使って〝仲間集め〟をしつつ、仲間との協働によって計画を深め、実行していきます。

【仲間を集める】ところから【計画し、実行する】ことまでをゼロから全部やっていくのは、実に大変なことですよね。
しかし横須賀創造空間では、計画へのアドバイスや仲間集めも全面的にサポートします。
そうした、【もっとも難しい〝第一歩〟をカンタンに】していくのが、横須賀創造空間です。

このエントリーをはてなブックマークに追加